プロペシアは、一般名は「フィナステリド」と呼ばれる男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。フィナステリドは、元々は「プロスカー」という商品名で前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として広く知られていましたが、その後の研究で男性型脱毛症の方の毛髪の成長に効果が見られることがわかりました。臨床試験を繰り返すうちに、多くの患者から副作用として発毛がみられたため、本格的に飲む育毛剤としての研究、開発が進められていき、1997年にアメリカのFDA(食品医薬品局)はフィナステリドを正式に飲む育毛剤として認可することになります。

DHTは毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体と結び付き、髪を退行させるサインを発します。その結果、髪の毛が成長する前に抜けたり、細くて短い髪の毛が増え、薄毛になります。プロペシアの中に含まれている主成分のフィナステリドは、DHTの産生を抑える働きがあるため抜け毛の抑制に大きな効果を発揮し、結果的に薄毛の改善に繋がるという仕組みです。

でも、プロペシアにもやはり副作用は存在します。より安心して服用するためにも、ぜひ副作用について詳しく知っておきましょう。臨床試験において報告された副作用としては、5%以下の割合で性欲減退、1%以下の割合で勃起機能不全などがありました。かつては、これらの副作用は検証実験においても同程度出現しているので、必ずしもプロペシアのせいではないと考えられていました。「プロペシアを服用しはじめて、逆に抜け毛が増えた」という利用者の声がよくあげられます。実はこれがプロペシアの初期の効果が現れの証拠です。初期脱毛が起こると不安になり、効果を信用できなくなり中断してしまう方もいらっしゃいますが継続することが大切です。

プロペシアの効果が発揮されるまでには、半年ほどかかると、一般的には言われています。薬を服用し、体内から改善していくタイプのものは、プロペシアに限らず、この程度の期間が必要となります。髪の毛の成長サイクルも大きく関係しているため、半年以下で効果が見られる場合はかなり少ないでしょう。また、一年から三年、それ以上の期間が必要とされる場合も少なくありません。生え始めたからといってすぐに使用を止めてしまうと、元の状態に逆戻りです。改善には我慢が重要。根気を持って取り組むようにしましょう。